忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仲代達矢&柄本明、初日挨拶で“舌戦”展開
小林政広監督の最新作「春との旅」が5月22日、全国60スクリーンで封切られ、小林監督をはじめ、主演の仲代達矢、徳永えり、淡島千景、柄本明、美保純が東京・新宿バルト9で舞台挨拶に立った。足の不自由な元猟師の忠男(仲代)が孫娘・春(徳永)とともに、最後の住み家を求めて疎遠になった親類縁者(淡島、柄本ら)を訪ね歩き、家族との確執や過去と向き合うロードムービー。仲代は「自分勝手でわがままなじいさんを演じた仲代です。私はあんまり周りに迷惑をかけたくはない。でも本音を言えば、自分のやりたいようにやりたいですし、今回の役柄は『思いっきりわがままできるな』と思いましたね」と話し笑いを誘った。さらに、「私の亡くなった母親に似ているんですよ。温泉に行って、仲代の母だと言ったら、信じてもらえず怒って帰っちゃった。頑固な役柄がスムーズにできるのは“血”のおかげかな」。これに対して、小林監督も「うちの父親もそうであう。モデルにしたという意識はないが、何か影響があるのかもしれない」と同調していた。徳永は、小林監督の意向で現場では周囲との距離を置いていたといい「孤独でしたね。でも追い込まれなければ、春は出てこなかった。現場ではプレッシャーを感じる暇もなく、ぶつかっていくしかなかった」と述懐。仲代と壮絶な兄弟げんかを展開した柄本は、「いっぱい殴られました。でも尊敬する大先輩の仲代さんに殴られるのは非常に光栄」と話した。一方の仲代も、「あなたも(劇中で)ずいぶんひどいことを言っていましたからね。私もずいぶん腹が立ちました」と応戦していた。「春との旅」の作品情報はこちら
名優・仲代達矢が期待して止まない徳永えりの可能性
仲代達矢のエールに、徳永えり「言葉にならない」と感涙

「好い迷惑」という言葉がありますね。
自分に直接関係のないことなのに迷惑をかける。
よくありますよね、、、私なんかしょっちゅう、、、w

PICKUP
中華スープの王様ふかひれスープ!

行動調査依頼

顧問税理士が経営者の力に

税理士選びのポイント【山梨】

鈴木茜 アイドル情報

あわてない引越し

アンコール

税理士を検索 堺市南区

パチンコ必勝法詐欺/詐欺被害を防ぐ

借り過ぎでキャッシング無理!

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「サイタマノラッパー」シリーズ、目指すは「釣りバカ」 HOME 塚本晋也監督「鉄男」最新作、米公開が決定!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R