忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「サイタマノラッパー」シリーズ、目指すは「釣りバカ」
ラッパーを目指す冴えない若者の奮闘を描き、第50回日本映画監督協会新人賞を受賞した入江悠監督の「SR サイタマノラッパー」の続編「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」の公開を記念し5月21日、東京・Shibuya Publishing Book Sellersで、入江監督とサブカルチャー専門の編集者・川勝正幸がトークショーを行った。前作の埼玉から群馬に舞台を移し、三十路手前の女たちがかつて夢中だったラップで人生の再出発をはかろうとする姿を描く青春映画。前作からわずか2年で続編製作にこぎ着けた入江監督は、「出演している俳優もギリギリのところにいたし、2〜3年後にまた再会して映画を作れるかどうか正直分からなかった。だったら今の勢いで撮っちゃおうと思った」と振り返った。日本のヒップホップ音楽の先駆者「スチャダラパー」を初めてメディアに紹介したことで知られる川勝は、「このシリーズ、『釣りバカ』みたいに死ぬほど続編を作れそう。ちょうど『釣りバカ』も終わったことだし」と更なる続編の可能性に期待を寄せた。これには、入江監督も「『釣りバカ』でいうところの“合体”に、ラップがうまくはまればいい」と乗り気だった。青春時代にヒップホップをはじめめさまざまな音楽に感化されたと話す入江監督。「全国をまわっていて、『ヒップホップは嫌いだったけど、映画を見て好きになった』という声をよく聞くので、ヒップホップって意外と嫌われているんだなと実感した(笑)。だけど、この作品をキッカケにもっと女性ラッパーが生まれてくれたらうれしい」と観客に語りかけていた。「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」はプレシディオ配給で、6月26日から公開。「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」の作品情報はこちら
「SR サイタマノラッパー」異例4度目のリバイバル上映も大盛況
入江悠監督、第50回日本映画監督協会新人賞受賞に「胸がいっぱい」

最近仕事が忙しくてテレビを全く観ない生活です。。。
そしてこれまた観始めると途中で止められないじゃないですかw

PICKUP
業者と個人投資家が直接取引を行う「店頭取引」

地震保険

弁護士報酬を考えての過払い金請求依頼

夢の懸賞生活応援!

三花愛良 アイドル情報

ボック

独身の生命保険

アルバイトの多重債務者

不動産利用詐欺/詐欺被害を防ぐ

税理士事務所の選び方[愛知県]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ロマン・ポランスキー監督に新たな性的暴行疑惑 HOME 仲代達矢&柄本明、初日挨拶で“舌戦”展開
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R