忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ
井口昇、西村喜廣、坂口拓の3人が共同監督を務める「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」の初日舞台挨拶が5月22日、東京・池袋シネマ・ロサで行われ、井口、坂口両監督をはじめ、主演の杉本有美、高山侑子、森田涼花が登壇した。ミュータント族の血を引く16歳の少女・凛(杉本)が、特殊パワーを秘めた右腕を武器に、戦闘少女として巨大な悪と戦うバイオレンス・アクション。物語の軸となるドラマパートを井口監督(「片腕マシンガール」)、特殊造詣を用いたスプラッターパートを西村監督(「東京残酷警察」)、アクションパートを坂口監督(「魁!!男塾」)が担当し、一本の長編を撮りあげる異例のスタイルで製作された。坂口監督は、物語のキーパーソンとして出演もしている。会場にはおそろいのTシャツを着た“井口応援団”も駆けつけ、「昇」コールが起こるひと幕も。「涙が出そう」と感無量の様子だが、すぐさま「デブ担当の井口です」と客席の笑いを誘った。また、「坂口監督がまったく絵コンテを書いてくれなかった」とグチをこぼすと、当の坂口監督は「邪魔くさいじゃん!」と即答。井口監督は、「カットが細かいシーンは、僕の演出だと思ってください」とアピールしていた。杉本、高山、森田の3人は、井口監督の印象について「とても優しい」と口をそろえ、本人もデレデレ。一方、坂口監督に対しては「アクションを練習する日に、遅れてきた。見た目も怖かったです」(杉本)、「演技がテキトーな人だなって思いました」(高山)と辛らつなコメントが飛び出した。これには、坂口監督も返す言葉がない様子だった。同作は、6月に開催されるニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバルで公式上映される予定。「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」の作品情報はこちら
全米720万人視聴、女子高生たちの恋愛ミステリーが携帯配信
真野恵里菜「怪談新耳袋 怪奇」で銀幕デビュー 北米プレミアも決定

何をもってこの人すごい!と言いますか?
有名度、収入、地位、技術、と、尊敬できる点はまぁ多々ありますが、
私が思うに一番は"超絶な忍耐力を持っている人"と"人の過ちを許せる人"
ですね。これは人間性もかかわってきますが、この二つが同じ人間として
真に尊敬に値する人間が持っているべきものだと思います。



PICKUP
知りたいことがある 盗聴・盗撮器発見

熊本で探す顧問税理士/税理士事務所

公的保険だけでだいじょうぶ?

抽選で当たる懸賞ゲット

相占であなたの運命わかります

買う!結婚式用の服装

結婚相手の素行を調査

税理士選びのポイント【広島】

身近な税理士を探す[大宮市]

ショートケーキ

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
もうスキー場には行かれない?“リフトに置き去り映画”今夏公開 HOME ロマン・ポランスキー監督に新たな性的暴行疑惑
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R