忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうスキー場には行かれない?“リフトに置き去り映画”今夏公開
スキー場のリフトに取り残された若者たちの恐怖を描くワンシチュエーションサスペンス「フローズン」(アダム・グリーン監督)が今夏、日本公開されることが決まった。今年の第82回アカデミー賞受賞作「ハート・ロッカー」を配給したブロードメディア・スタジオにより、東京・渋谷シネクイントで上映される。スノーボーダーのダン、ジョー、パーカーの3人が、日の暮れたスキー場で最後の滑りを楽しもうと乗り込んだリフトが突然停止。スキー場が次に営業するのは1週間後で、氷点下20度の極寒と暗やみのなか、携帯電話も食料もない3人は、地上15メートルからの脱出を試みるというストーリー。スキー場のリフトに取り残されるというシンプルな設定は、海上に置き去りにされたダイバーたちの恐怖を描いて話題となった「オープン・ウォーター」を彷彿(ほうふつ)とさせる。同様にCGを使用しない緊迫感あふれる映像により、作品を鑑賞した人から「もうスキー場には行かれない!」という声もあがっているという。シネクイントは、最近では「パレード」「ソラニン」「告白」(6月5日公開)など、話題の邦画を上映。しかし、過去には「マシニスト」「28日後...」「オープン・ウォーター」といった、キャストや作品規模にこだわらない洋画作品も多数上映してきた。そのことから、配給元では「邦画を見慣れている渋谷の若者層も、大満足すること間違いない」と期待を寄せている。ダンを演じる若手俳優ケビン・ゼガーズは、岩井俊二が監督を務めるアメリカ映画「Vampire」で、レイチェル・リー・クックやケイシャ・キャッスル=ヒューズらと共演予定の注目株。ダンの親友ジョーは「X-MEN」シリーズのアイスマン役で知られるショーン・アシュモアが演じている。「フローズン」の作品情報はこちら
「ハート・ロッカー」ビグロー監督新作に、オスカー俳優3人が揃い踏みか
岩井俊二、ハリウッド進出作「ニューヨーク、アイラブユー」で至福の体験

昔から漫画大好きな私の夢は、将来一軒やを建てまして、
それはそれはおいおい漫画喫茶か?ってくらいの漫画部屋を
どーんと家の中心へ設置する事なんですな!


PICKUP
税理士選びのポイント【鳥取】

プロによる行方調査

アイスクリーム

レーシックで視力回復【島根】

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅

税理士選びのポイント【沖縄】

接待詐欺/詐欺被害を防ぐ

クグロフ

大福

生命保険に入るべき人

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
オーランド・ブルーム、3D版「三銃士」で敵役バッキンガム公に HOME 井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R