忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロマン・ポランスキー監督に新たな性的暴行疑惑
32年前に米国で少女にわいせつ行為をしたとして有罪判決を受けた後、国外逃亡していたロマン・ポランスキー監督に、新たな性的暴行疑惑が浮上した。
同監督の映画『ポランスキーのパイレーツ』(1986年)に脇役で出演し、『ゴールデン・チャイルド』でもエディ・マーフィーと共演しているイギリスの女優シャーロット・ルイスが、「私も被害者の1人」と告白した記者会見を5月14日、ビバリーヒルズにあるグロリア・オールレッド弁護士事務所で行ったのだ。ルイスによると、彼女が16歳の時、当時国外逃亡中だったボランスキー監督のパリのアパートで性的暴行を受けたという。「私が16歳の時に最悪のやり方で性的な乱暴を加えられました。彼は私が16歳だと知っていました。正義を望んでいます」とルイス。文章を読み上げる形で行った同会見では、あえて「レイプ」という表現は使わず、記者からの質問も受け付けなかったため、具体的にどのような性的暴行があったのかは明らかにされていない。
 ポランスキー監督は昨年、映画祭に出席するために訪れたスイスで身柄を拘束され、米国への引き渡し交渉が行われており、現在はスイスに所有する別荘で軟禁状態となっている。O・J・シンプソンの殺害された元妻の遺族やタイガー・ウッズの愛人とされる女性2人の代理人を務めたことでも知られるオールレッド弁護士は、ロサンゼルス市警察と検察当局に対し、同監督の身柄がスイスから引き渡された場合には、ルイスの件も考慮に入れるよう申し入れを行ったことを明かしている。
(www.HollywoodNewsWire.net提供)

何か最近横文字が多くて、あれ、これ何の意味だっけ?
みたいな事が多くなってきましたよ。歳のせいなのか、、、。。
歳だけには勝てない、これはみんな平等に歳をとるって事ですよね。

PICKUP
偽装注文詐欺/詐欺被害を防ぐ

しらを切る

負担の大きすぎる保険料

転ばぬ先の杖 三大疾病保険

浮気の証拠集め

レーシックのリスク[ドライアイ]

顧問税理士をお探しの企業様へ

始める!オンライントレードとくりっく365

エステで発毛促進(ヘアケア)

保険 老後の資金も貯蓄

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
井口昇監督、主演女優3人から「優しい」と持ち上げられデレデレ HOME 「サイタマノラッパー」シリーズ、目指すは「釣りバカ」
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R