忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中井貴一「RAILWAYS」監督の島根“愛”にドン引き
中井貴一の主演最新作「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の完成会見が4月12日、東京・大手町の東京會舘で行なわれ、中井をはじめ共演の高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、佐野史郎、錦織良成監督らが出席した。同作は、出世街道を歩む50歳を目前に控えたエリート会社員の主人公が、電車の運転士になるという少年のころの夢に挑むことで、離散状態だった家族のきずな、信頼を取り戻していく姿を描く。昨年7月にクランクインし、9月の撮了までの多くを島根県で撮影したという。物語の陰の主役ともいえる一畑電車の「デハニ50形」は、09年3月にその役目を終え“引退”していたが、同作の撮影のために“現役復帰”を果たした。それだけに、中井は「子どものころは、電車そのものよりも切符をきる車掌さんにあこがれていました。デハニ50形は非常に風を感じる電車で、木の温もりもあって素晴らしかった」と称賛した。メガホンをとった錦織監督にとって故郷・島根を舞台にするのは、「白い船」「うん、何?」に続き3作目。撮影中は松江出身の佐野とともに島根の素晴らしさを説いて回ったそうで、中井は「監督から島根の話を聞いたときは、正直ドン引きした。『日本の偉人のほとんどは島根から』って、そんなわけないだろう!」と猛烈なツッコミを入れた。三浦友和・山口百恵夫妻の次男で、銀幕デビューとなる三浦も「監督からずっと『島根は素晴らしい』と耳元でささやかれていました」と“洗礼”を浴びた様子。それでも、「中井さんから『自分の思った通りにやるのがいい』と言っていただいた。これからも大事にしていきたい言葉です」と目を輝かせていた。「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は松竹配給で、5月29日から全国で公開。「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/54874
中井貴一、市川崑監督にダマされた!?「その木戸を通って」初日
http://eiga.com/buzz/20081110/9/
高島礼子、絶叫の練習の成果は?「Dear Heart」公開
http://eiga.com/buzz/20091205/3/

一番好きな色は?と聞かれたら、たいがい緑と答えますけど、
本当は何色かありますよね〜?
でも一番好きな食べ物は?と聞かれりゃ、、、、、ラーメン!!

PICKUP
多重債務相談にかかる費用

出資法の上限とは?

無言電話がよくかかってくる

町内会費詐欺/詐欺被害を防ぐ

コラーゲンたっぷりのフカヒレスープの通販

ビスコッティ

いも焼酎 なかむら

のるかそるか

探偵に盗聴器調査依頼

東京メトロ副都心線池袋駅

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
オードリー春日の「トゥース!」がハリウッド映画に採用された? HOME J・キャリー「タイガー・ウッズ夫人批判」ツイート物議かもす
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R