忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マイケルさん命日イベントにファン200人結集!「ありがとう」と絶叫
故マイケル・ジャクソンさんの命日にあたる6月25日、現在アンコール上映中の映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のファンイベント「J-WAVE SPECIAL VIEWING “マイケル・ジャクソンTHIS IS IT”」が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ダンサーのケント・モリ、ロックバンド「NONA REEVES」の西寺郷太、J-WAVEのDJ TAROが登壇した。ケント・モリは、マイケルさんとマドンナがお墨付きをつけた実力を持つ日本人ダンサー。2009年にオーディションを経てマイケルさんの専属ダンサーに選ばれたが、当時はマドンナとの契約が残っていたために断念した経緯がある。あこがれのマイケルさんとの出会いを、「挨拶程度だったけれど、感無量で……。目の前に立っている人がマイケルだと信じられなかった。感情が追いついていかなかった」と述懐。一周忌を迎えても、いまだに「信じられない気持ちと、寂しい気持ちでいっぱい。彼が残したものがずっと生き続けてくれたらと思う」と熱く語った。日本を代表するマイケルさんの研究家として、各メディアで執筆活動を展開する西寺も「マイケルの凄さを日に日に感じている。どんどんマイケルのファンが増えていることにびっくりしています」。ケントはこの日、同作のオーディション風景から全世界に配信されたマイケルさんへの追悼ダンスの裏側などを書きつづった自叙伝「Dream&Love」を発売。「この人と一緒に仕事がしたいという気持ち、その思いがマイケルに伝わったと思う」と感慨に浸った。トーク後には、詰め掛けたファン200人がマイケルさんのトレードアイテムだった白い手袋をはめ、おなじみのポーズをとりながら「マイケル、ありがとう!」と絶叫。この映像は後日、マイケル・ジャクソン財団に届けられる予定だ。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は現在アンコール上映中。ブルーレイ&DVD発売中。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の作品情報はこちら
マイケルさん命日に特別イベント開催 初公開映像も
マイケルさん故郷に3億ドル博物館を建設

薬物中毒、ニコチン中毒、アルコール中毒、、。
やめた方がいいと分かっているのだけどやめられない。
辛いです(++)

PICKUP
東京メトロ千代田線湯島駅

絶妙な食感!海老カシュナッツ炒め

総量規制の導入 返済能力の調査

奇貨おくべし(きかおくべし)

バウムクーヘン

お笑い芸人デコメ

お正月イラストデコメ

ハイレベルの税理士事務所

総量規制・返済能力の調査を義務化

東京メトロ銀座線末広町駅

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ベルリン映画祭にも出品 国内外から注目の舛成孝二監督初劇場作が公開 HOME 観客へ手を広げてウェルカム!「宇宙ショーへようこそ」舛成孝二監督
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R