忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観客へ手を広げてウェルカム!「宇宙ショーへようこそ」舛成孝二監督
第60回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に出品され、すでに世界で注目を集めている「宇宙ショーへようこそ」が6月26日から公開。舛成孝二監督に話を聞いた。同作は、自然豊かな田舎町に暮らす小学生5人が、地球から2100万光年離れた星からやってきた、犬そっくりの宇宙人ポチと出会ったことから、月や宇宙を舞台に冒険を繰り広げる姿を描く。舛成監督は、文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した「かみちゅ!」など、TVシリーズやOVAで活躍。今回が初の劇場作品で、「とりあえず完成して良かった。こんなに大変だとは思わなかったですね」と足かけ4年にわたった製作期間を振り返る。「画面の作り込みも情報量も、圧倒的にこだわり方が違う。今までの理屈でOKとしていたところがOKにできないということが大変でした。それに、映画は2時間で話を完結させなければいけない。僕も脚本家もプロデューサーも、みんな劇場作品は初めてだったのでやみくもにやって、その結果(上映時間が136分になり、2時間には)収まりませんでしたね(笑)」と苦労話を明かした。同作の大きな特徴は、オリジナル作品であるということ。「どうやって知ってもらい、どうやって見てもらうかが難しい」とオリジナル作品ならではの悩みとも格闘。「でも、オリジナルだと頑張ってくれている人たちの顔がより見えるんです。これだけ宣伝の方々と顔を突き合わせたのも初めてですし。それに、作っていて面白いのは、やっぱりオリジナル。自分たちで納得できるストーリー、フィルムにもっていくことができるし、自分の作家性みたいなものをどう出していくかという挑戦にしても、オリジナルのほうが圧倒的に出せる」と話す。初の劇場作品で、オリジナル作品という高いハードルに挑み「見た人それぞれが面白いところ、感動したところが違うんです。実際、どれが正しくて間違いという作り方はしていません。感じたままのことを言ってもらいたい。まずは見て、そして会話をしてもらいたい」。この“見てもらいたい”という思いはタイトルにも表れている。当初は「ザ☆宇宙ショー」と名付けられていたが、「タイトルを変えようと言った人の理屈がすごくよく分かったので、ベルリンに出す直前に変えました。劇場で見にきてくれる人に向けて手を広げた、ウェルカムなものにしたいということで、『宇宙ショーへようこそ』なんです」「宇宙ショーへようこそ」の作品情報はこちら
アニメ映画「宇宙ショーへようこそ」公開前に史上最長22分間を地上波放送
スーザン・ボイル、オリジナル楽曲では初の映画主題歌

「青息吐息」という慣用句があります。
窮地に追い込まれて、苦しみ困ったときに吐くため息。また、それが出る
ような追い込まれた様子、、、、。
万事休す!って感じでしょうねw
そんな状況は生きていれば誰でもありますよね。要点というか肝心なのはそこでは
なくてその時どういう行動をとれるか、でしょうね。


PICKUP
肌荒れが気になったら

アルバイトはパートタイム労働者

尋ね人を探すなら調査依頼

収入保障保険

レーシックの最近

裁判所へ申し立てる債務整理の手続き

多重債務de相談

秘密にしたい借金整理

どうやって借り入れを1本化する?

メガネは度が進むから…レーシック手術

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
マイケルさん命日イベントにファン200人結集!「ありがとう」と絶叫 HOME 「スラムドッグ」フリーダ・ピントが、最新版「猿の惑星」に出演
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R