忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

覆面作家・舞城王太郎、今夏は「NECK」ほか新作小説を3カ月連続で発表
覆面作家の舞城王太郎が、小説執筆だけにとどまらない精力的な活動を続けている。映像化を視野に入れて書き下ろしたオリジナルストーリー「NECK」は、同一モチーフのまったく別の物語として映画と舞台で展開。今夏にいたっては、書き下ろしを含む新作小説を7月から3カ月連続で発表することが分かった。舞城は、2003年に「阿修羅ガール」で第16回三島由紀夫賞を受賞。「好き好き大好き超愛してる。」が第131回(04年上半期)芥川賞候補作に選ばれたときは、選考委員の池澤夏樹や山田詠美が絶賛する一方で、同じ選考委員の石原慎太郎東京都知事が「タイトルを見ただけでうんざり」と批判するなど、話題多き作家だ。初めて映画業界に参入した「NECK ネック」は、主人公の大学生・杉奈(相武紗季)が“お化け”を作り出そうと独自の研究を続け、杉奈に恋をした友和(溝端淳平)がトラブルに巻き込まれていく“胸キュン”ホラー。7月15日に発売される文庫版「NECK ネック」は、“首”をめぐる異なる4つのストーリーを掲載。多ジャンルで活躍する舞城らしく、扉絵も自ら書き下ろしたこだわりようだ。また、講談社100周年を記念し「獣の樹」(7月6日発売)を書き下ろす。原稿用紙700枚に及ぶ大作で、既刊「山ん中の獅見朋成雄」「SPEEDBOY!」の主人公・成雄の秘密が明らかに。8月25日には、「イキルキス」「パッキャラ魔道」など発表済みの作品と新たに書き下ろす作品をまとめた短編集(タイトル未定)を刊行する。さらに、映画「NECK」で平岡祐太扮する作家・越前魔太郎が活躍する「魔界探偵 冥王星0」シリーズ最新刊も、9月に発売予定。同シリーズは4、6、8月と人気作家・乙一らが執筆して連続刊行していたが、“真打ち”がいよいよ筆をとる。「NECK ネック」はアスミック・エース配給で、8月21日から全国で公開。「NECK ネック」の作品情報はこちら
相武紗季“ドッキリ”心霊写真演出に絶叫
相武紗季、舞城王太郎原案「NECK」で映画初主演

昔はよくゲームしてましたよ、、本当に。ゲーマーか!ってくらいw
今では本当しなくなりましたね。。不思議のダンジョンシリーズが
めっちゃ好きではまってましたね!
私の青春はゲームと共にあったと言っても過言ではないっすなw



PICKUP
債務整理は弁護士へ

雇用形態「アルバイト」

マツダ デミオ 無料査定

山紫水明(さんしすいめい)

身近な税理士を探す[名古屋市]

サラ金の支払いで生活が苦しい

税理士事務所が企業を手助け

iLASIK(レーシック術式)

デートクラブ詐欺/詐欺被害を防ぐ

滝口ミラ アイドル情報

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ジェニファー・アニストンが主演作で若返り修正を依頼 HOME 中村獅童と蝶野正洋が生バトル!?「アイアンマン2」ジャパンプレミア
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R