忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目黒祐樹、娘・近衛はなとの初共演で“父の面目丸つぶれ”
直木賞作家・古川薫の「野山獄相聞抄」(改題:吉田松陰の恋)を映画化した「獄(ひとや)に咲く花」が4月10日に公開初日を迎え、主演の近衛はな、共演の前田倫良、目黒祐樹、音楽を担当した加羽沢美濃が、東京・有楽町スバル座で舞台挨拶を行なった。同作は、吉田松陰が長州藩の牢獄「野山獄」に収監されていたころに経験した生涯ただ一度の恋を、唯一の女囚・高須久の視点で描いた史実に基づくドラマ。初の親子共演となった近衛と目黒。父親の目黒は、「現場では平常心でいようと心がけましたが、スタッフにからわかれましたね(笑)。逆に娘の方が落ち着いていて、父親の面目丸つぶれでした」と述懐。娘の近衛は、「初主演ということと、吉田松蔭先生が生涯ただ一人愛した女性役ということで、撮影中は精一杯。父親を見ている余裕すらありませんでした」とプレッシャーも大きかった様子だ。一方、のちに吉田松陰と呼ばれる吉田寅次郎に扮した前田は「(松蔭は)教科書にものっているほど偉大な人物。プレッシャーもありましたが、尊敬すると必然的に距離が生まれてしまうので、彼がいかにみんなに愛され、青春を駆け抜けたひとりの若者として演じるかに気を配りました」と役づくりへのこだわりを明かした。山口県での先行上映では、県内すべての映画館で舞台挨拶を行なったという近衛ら。「山口は無駄に大きな県なので(笑)、移動が大変でした」(前田)、「どこの劇場も後ろのドアが締まらないぐらい満員で、松陰先生へのアツい思いを実感しました」(近衛)と振り返った。さらに、山口県とも縁が深い安倍晋三元首相の妻、安倍昭恵さんが花束プレゼンターとして登場。「最初、倫良君は松陰先生のイメージと違うかなと思いましたが(笑)、映画を見たら素晴らしくて。若者としての苦悩が描かれている作品です」と太鼓判を押していた。「獄(ひとや)に咲く花」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55238
歴ドルのさくらと小日向えりが幕末コスプレでトークバトル!
http://eiga.com/buzz/20100405/19/
“歴女”代表の杏「楽しみながら盛り上げる!」 8万人の戦国イベント開催決定
http://eiga.com/buzz/20100108/5/

「徒の火宅」という慣用句があります。
儚く悩み多いこの世。。という意味らしいです。
そういわれれば、すごく儚いような気になってきますね〜。
何にしても先人の残して知恵はありがたいものです。

PICKUP
総量規制の導入

誰かから嫌がらせを受けている?

東京メトロ丸ノ内線中野新橋駅

台北101

多重債務でも諦めないで

木下 愛未 アイドル情報

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅

札幌で探す顧問税理士/税理士事務所

白川郷

どうなる?!改正貸金業法

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
大橋のぞみ、大好きなコナンと東京空中デート! HOME “探偵”金子昇、名探偵コナンに“ライバル”宣言!?
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R