忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

溝端淳平、“お化け”からの花束に顔ヒクヒク
覆面作家・舞城王太郎が書き下ろした舞台「NECK ネック」の2週間限定スクリーン上映が6月26日、東京・新宿バルト9で始まり、主演の溝端淳平と演出・出演の河原雅彦が初日舞台挨拶に立った。舞城の原作をもとに、今年2月に東京・渋谷の青山円形劇場で上演された舞台を7台のカメラで収録。「首から下が動けないという一番嫌な状況で、一番怖いことが起こる」というシチュエーションで、溝端や河原ら首まで地面に埋まったキャスト陣が舌戦を繰り広げる。溝端は、8月21日から劇場公開される別ストーリーの映画版「NECK ネック」(白川士監督)でも主演を務める。舞台初出演となる溝端は、「首まで埋まっているストレスがすごかった。動きの芝居がないに等しい状況で、自分がきっかけとなるセリフも多かったので勉強になりました」。今回のスクリーン上映を、「まさか首だけの舞台を映画館で見てもらえるなんて。舞台では(客席から)見えない表情もあるので、ぜひ楽しんでほしい」とアピールした。演出も手がけた河原は、舞台俳優としての溝端を「素晴らしいに決まっているじゃないですか。物おじすることもないし、何よりのどが強い! これが若さですかね」と絶賛。一方の溝端は、「毎回、反省会で細かいところまでダメ出ししてくれました。公演を重ねるたびに、クオリティをあげてくれた」と振り返った。舞台版と映画版の違いについて、溝端は「映画のほうがもっとポップで、遊園地のお化け屋敷みたい。後を引かない怖さが魅力」と力説。だが、映画版に登場するお化けの“ゆかりちゃん”が花束を手にサプライズ登壇すると、表情を引きつらせていた。「NECK ネック」はアスミック・エース配給で、8月21日から全国で公開。「NECK ネック」の作品情報はこちら
家電俳優・細川茂樹が仮面ライダーに続いて演じる新ヒーローとは?
栗山千明、相武紗季主演作の原作を発売前にラジオで朗読

一度でいいから宇宙へ出てみたいものです。。
そして地球を侵略しようとする地球外生命体から地球を守る為に
MSで敵を、、、。

PICKUP
偽装注文詐欺/詐欺被害を防ぐ

楽しい♪デコメアイコン

デメリットは?個人再生

オーストラリア・ケアンズ旅行

迷ってるあなたにくりっく365のメリットを説明

プチ家出 人探し調査

引越しと事前準備

身近な税理士を探す[大宮市]

台湾・台北旅行

裁判所へ申し立てる債務整理の手続き

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ロバート・パティンソンに直撃!『トワイライト』の次の新作は? HOME 東方神起ユンホ、主演ドラマのイベントで元気な姿 新たな挑戦にも意欲
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R