忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松田翔太&高良健吾、ぶち壊したいことを青学生100人に吐露
俳優の松田翔太と高良健吾が6月9日、都内で行われた主演最新作「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の学生限定試写会にサプライズで登場し、詰め掛けた約100人の学生とともにティーチインを行った。同試写会は、配給のリトルモアと青山学院大学総合文化政策学部の学生が主体となって行うプロモーション活動の一環。同作が描く若者の孤独や焦り、希望や絶望という世界観に共感した学生らが、mixiやTwitterを活用したりウェブサイトを運営することで多角的に宣伝活動を展開している。試写会を見終えた学生が感想をTwitter上につぶやくなか、松田と高良の突然の登場に場内のボルテージは一気に最高潮に。松田は、ケンタを演じてみて「考え方がすごくシンプルになった気がする。これまではいろいろと飾ることを考えたりもしたけれど、今は自分がどう思うかを優先させるようになって楽になった」と述懐。高良も、「翔太くんとの出会いで、自分の居心地のいい場所がわかった。昔はわかる人だけわかってくれればいいと思っていたけれど、今はこの作品をいろんな人に見てもらいたい」と心境の変化を明かした。同作は、孤児院で兄弟のように育ったケンタとジュンが、低賃金での重労働や陰湿ないじめにいら立ち、会社の事務所をぶち壊して北を目指して旅に出るロードムービー。学生からぶち壊したいことの有無を問われると、松田は「結構ありますよ。いろんな人から『(松田の父である)優作さんのことはよく知っているんだよ』といわれること」と即答。そして、「知らないよ! と思いますよ。でも、それが僕に与えられたひとつの形。壊したいとは思うけれど、壊れるものでもないし」と胸中を吐露した。一方の高良も、「言い出したらきりがないですよね。でも基本、ワイドショーとか勝手に人物像がつくられていくじゃないですか。人の人生を(編集された)1分とか数十秒で分かってほしくないし、むかつきますね」と真摯(しんし)に訴えた。また、好きな女性のタイプについては「自分を主張することができる人は好き。合うか合わないかは別だけど」(松田)、「真面目な人がいい。本当に普通の人」(高良)と苦笑いを浮かべながら話していた。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」は、6月12日から全国で公開。「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の作品情報はこちら
松田翔太&高良健吾、ハンマーでブロック塀を一撃粉砕
松田翔太が心情を吐露した、“決意の”フォトストーリーブック発売

「後押し」って、よく使う言葉ですよね。
荷車などの後を押して、引き手を助けること。また、その人。転じて、陰で
助力すること。力添えをしたり、悪い事をそそのかしたりすること。また、
それをする人。悪い意味でも使うんですね、知らんかった、、、w

PICKUP
ガウディの作品群

サポートする!借金返済

安心したい 浮気・不倫調査

債務の一本化をしよう

税理士選びのポイント【愛媛】

税理士を検索 大阪市住吉区

角膜屈折矯正手術(レーシック)

東京タワー

人気電子書籍情報

はじめての保険

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ハリー・ポッターと死の秘宝」2部作、全編3Dでの上映が決定! HOME 「アリス・イン・ワンダーランド」早くもDVDリリース決定
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R