忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木村多江主演作「東京島」が邦画で初めてエルメスとコラボレート
桐野夏生のベストセラー小説を木村多江主演で映画化した「東京島」の完成会見が4月7日、東京・銀座のメゾンエルメスで行われ、木村と共演の窪塚洋介、福士誠治が出席した。同作は、無人島に漂着した43歳の清子(木村)と16人の若い日本人の男たち、6人の中国人グループが繰り広げるサバイバル劇で、極限状態の中でむき出しにされていく人間の欲望や本性を描く。昨年10〜12月に沖縄の沖永良島と徳之島で撮影されたそうで、木村は「今までに経験したことのないタフな現場。秋だったので結構寒くて、ガケの上で強風にあおられて生命の危機を感じた」と述懐。それでも、「最初から台風で足止めをくらって自然の脅威を感じたけど、撮影を進めるうちに自然の恩恵を感じるようになった」とすっかり魅了された様子。共演陣も「人が誰も来ないビーチもあって楽園のような場所」(窪塚)、「自然の中で人間の生きている感じが心地よい。途中で一度東京に帰ったけど、またすぐに島に戻りたくなった」(福士)と一様に懐かしんでいた。木村は、オファーがあった後に原作を読んだといい「私は薄幸とかネガティブなイメージを持たれていると思っていたので、こんなポジティブで生きる力の強い女性の役がなぜ私のところに来たんだろうと思った。でも、(そういう状況になれば)私もやっぱり生きるための本性がむき出しになると思う」と振り返った。作品は完成したばかりで、「まだ客観視できないけど、お酒のような映画。飲んでいるとだんだん止まらなくなって、時には酩酊(めいてい)してしまう映画」と分析した。同作では、日本映画で初めてファッションブランドのエルメスとのコラボレーションが実現し、会見にも木村らが同ブランドのカレ(スカーフ)を巻いて登壇。劇中で大きな役割を果たす、清子が身につけるカレが4月8日から全国のエルメスブティックで発売される。「東京島」はギャガ配給で、今夏全国公開。「東京島」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55019
第33回日本アカデミー賞司会は関根勤&木村多江
http://eiga.com/buzz/20091222/14/
鳩山由紀夫首相、幸夫人同伴で威風堂々 第22回東京国際映画祭開幕
http://eiga.com/buzz/20091017/1/

「悪因悪果」という慣用句がありますね。
悪いことをすれば、必ず悪い結果が出るということ。
いい言葉ですね〜、日本の政治家に聞かせてあげて下さいw
どんないい格言があっても犯罪はなくならない。。
聞く耳を持ってる人間はまずそんな犯罪は起こさないですからね。。
どうやったらこの世の中は良くなるんでしょうか。。


PICKUP
クレジットカード詐欺/詐欺被害を防ぐ

身元信用保険

多重債務で悩んだ時の相談窓口

田代さやか アイドル情報

中村知世 アイドル情報

おすすめの結婚相談所

とりつく島もない

アルバイトの最低賃金

マチュピチュ

対人賠償保険

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ジム・キャリーが恋人との破局をツイッターで報告 HOME 映画の主人公から観客に電話がかかってくる!画期的なホラー映画
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R