忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

審査委員の佐野史郎、「独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぶ」
今年で7回目を迎える埼玉県川口市主催の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」の全プログラムが決定し、6月21日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で、審査員を務める俳優の佐野史郎、映画パーソナリティの襟川クロらが記者会見を行った。同映画祭は、デジタルシネマのクリエイターを発掘・育成する目的で設立され、今年は過去最多となる世界85の国と地域から長編・短編あわせて810本もの作品がエントリーされた。短編部門の審査員に選ばれた佐野は、「責任の重さを感じている。私が審査をするなんておこがましいが、ヒューマニズムや心温まるエンターテインメントといったジャンルに縛られず、独断と偏見に満ち満ちた好きなものを選ぼうと思っている。何よりも素晴らしい作品との出会いが楽しみ」と意気込みを語った。襟川は「(審査員に)選ばれてびっくりしている。年間600本もの新作映画を見ているので、その観察眼を活かしてさまざまな個性や想像力を発見したい」と話し、総合プロデューサーの八木信忠氏も「現像所のない国でも映画が作れるということを発信していきたい」とデジタルシネマの可能性に期待を寄せた。また、若手映像クリエイターの支援を目的としたプログラム「D-MAP2009」によって製作された、埼玉県を舞台にした映画「ネムリバ」の完成会見が行われ、主演の小野まりえ、園田新監督が登壇した。「USB」「キリトル」などミニシアター系の作品を中心に活躍する小野は「生まれ育った埼玉を舞台にした作品なので、プレッシャーがあったしすごく緊張した。地元の皆さんの支えに感謝している」と挨拶した。「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」は、7月23日〜8月1日まで埼玉県川口市のSKIPシティにて開催される。安藤サクラ「SRサイタマノラッパー2」主題歌を生披露
「SR サイタマノラッパー」異例4度目のリバイバル上映も大盛況

「粋がる」という言葉があります。
自分から粋だと思って得意がること。実際はそうでないのに、粋のように振舞う。
わかりますね〜〜、男ってのはみんなかっこうつけたがりですからね。

PICKUP
SoftBankのきせかえアレンジでキセカエ

息子がいじめ?いじめ調査

通販で注文する極上フカヒレのスープ

借金の元金を減らしたい

神風

ゲームで遊んで景品GET

徹底追跡 浮気・不倫調査

デコメで待ち受け画像

楽しく懸賞致しましょう!

文字デコメ作ろう

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
押尾学の出演場面はカット 菊地凛子主演「トーキョー・ワルツ」公開決定 HOME 「みつばちハッチ」人気にかなわず、お笑いコンビ「サバンナ」がっかり
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R