忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

入江悠監督、第50回日本映画監督協会新人賞受賞に「胸がいっぱい」
「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督が4月7日、第50回日本映画監督協会新人賞を受賞し、同協会理事長の崔洋一監督からトロフィーを受け取った。同賞は1960年度から始まったもので、第1回の受賞者は大島渚監督。年度ごとに選任される協会内の選考委員会が、年度内に公開・放映された作品の中から最もふさわしい“新人監督”を選出する。本年度の最終選考には、西川美和監督(「ディア・ドクター」)、松江哲明監督(「あんにょん由美香」)、吉田大八監督(「クヒオ大佐」)らが残った。同作は埼玉県の田舎町を舞台に、ラッパーを目指すサエない若者たちの奮闘を描いた青春映画。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009でグランプリを受賞し、その後、小規模ながら劇場公開されると口コミで人気が広がり、ロングランヒットを記録した。6月26日には続編「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」が公開される予定だ。入江監督は、「映画を志して10年。これが最後の映画になると思っていた。最初は3人でクランクインし、マイクも自分で持っていた」と述懐。予想を超えるヒットと今回の受賞に、「胸がいっぱい。今は大先輩の前に立ち、胃液がすごいですが(笑)」と万感の表情で、「鬱々(うつうつ)と映画ばかり見ていた10年前の自分に、『お前、大丈夫だぞ』って言ってやりたい」と心情を吐露。贈呈式に劇中のヒップホップユニット「SHO-GUNG」が乱入すると、誇らしげに喜びを分かち合っていた。崔監督は、「青春映画を一度も撮ったことがない身としては、うらやましいと同時に手厳しい批評性で接してしまうが、この作品が新人賞を受賞したのは喜ばしいこと。自分の周りでも大変な評判になっている」と絶賛。第37回(1996年)に同賞を受賞した選考委員の犬童一心監督は、「新人賞という言葉にふさわしいのは、一生に一回しか撮れない作品。『サイタマノラッパー』にはそういう輝きがある」。今回2度目の選考委員を務めた大森一樹監督も、「いつとは言えないが、前回は『選ばなければ良かった』と後悔が残った。今回はこれで間違いない。ベストワンではなく、オンリーワンを見つける作業だった」と選考過程を振り返った。「SR サイタマノラッパー」は4月10日より東京・新宿バルト9でリバイバル上映される。「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55383
日本アカデミー賞「劔岳」が6冠 作品賞は「沈まぬ太陽」
http://eiga.com/buzz/20100305/25/
西川美和監督「韓国映画は気合いが違う」と完敗宣言
http://eiga.com/buzz/20091119/13/

私は金持ちになりたいです。ですが、それは人に胸を張って
言える仕事をしてる事が前提です。
人間は心で生きているのです。金を手に入れるために心を売った
のでは人生規模の本末転倒です。。

PICKUP
ババロワ

金融事故情報は信用情報機関から

20代でも婚活します

東京メトロ半蔵門線錦糸町駅

アルバイトはパートタイム労働者

滝口ミラ アイドル情報

改正貸金業法 完全施行

傷の有無で違う査定額

学資保険

レーシックの医院

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
14歳・岡崎歩美が女優デビュー!BS-TBSとニコニコ動画のコラボドラマ HOME 武田鉄矢&山田洋次監督33年ぶり“再会” 高倉健から速達で手紙も到着
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R