忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人気声優・浪川大輔、6日間で撮りきった初監督作で「感受性広がった」
人気声優の浪川大輔が初メガホンをとる「Wonderful World ワンダフルワールド」の公開記念トークショーが5月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、浪川がファンに猛アピールを展開した。同作は、睡眠中の人間が第2の生活を送る意識世界“ヘム”を舞台に、動物保護団体の顧問弁護士をしている主人公・片山誠志(宮野真守)と、現実の世界で20年間植物状態にある兄・晃一(浪川)の再会と葛藤(かっとう)を描く。アナキン・スカイウォーカー(「スター・ウォーズ」シリーズ)、フロド・バキンズ(「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ)の洋画吹替えを担当する浪川。今回、監督業に挑んだ心境について「ちょうど1年くらい前から表現者として壁にぶち当たった。芝居に答えはないが、どこに向かったらいいのかと。そこで作品作りを(監督として)俯瞰(ふかん)したいと思った」と説明。撮影期間は6日間で、現在は約90分間の本編完成を目指し最終的な編集段階にあるといい「監督は『撮ったら終わり』じゃないから大変。今は睡眠時間2〜3時間で頭が痛い」と話しながらも充実そうな表情を浮かべた。同じ人気声優の宮野を主演に起用する一方で、モデルの上原歩、お笑い芸人のヒロシなど多彩なキャスティングが実現したことについて「ジャンルを超えたコラボがしたかった」。トラウマを抱える青年を演じる宮野は、撮影中に「ツライっす、ツライっす」と連発していたそうだが、浪川は「役者さんはみんな、ほとんどNGを出さなかった。だからこそ6日間で撮れた」と感謝した。初監督を通して、「役者さんの役柄へのアタックがそれぞれ違い、とても勉強になったし、感受性が広がった」。同作では観客を勇気づける、前向きなメッセージを選んだといい「ひと言でいえば成長物語。アラが見える部分もあるかもしれないが、気持ちだけは詰まった作品」と胸を張った。「Wonderful World ワンダフルワールド」はエバーグリーンプロジェクト配給で、6月19日から公開。スネ夫、劇場版「ドラえもん」初日で公開プロポーズ
劇場版「銀魂」、シリーズ続行宣言に女性ファン熱狂!

「頭が低い」という慣用句がありますね。
態度が偉ぶってないで、どんな人に対しても丁寧である。謙虚である。
いい言葉ですね、やはり何事も謙虚さがないと!私のように、、、ww

PICKUP
未来を切り開く占い

東京メトロ南北線六本木一丁目駅

安く自己破産

盗撮・盗聴されたら 盗聴・盗撮器発見

パステルデコメ

東京メトロ副都心線千川駅

税理士事務所の選び方[名古屋市]

東京メトロ丸ノ内線南阿佐ケ谷駅

肌荒れが気になったら

トヨタ マークX 無料査定

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ミレニアム2」「ミレニアム3」連続公開決定 一気にクライマックスへ HOME 成海璃子、山下リオ、桜庭ななみの「書道ガールズ」トリオが得たもの
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R