忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジェーン・カンピオン、6年ぶりの新作に思い入れたっぷり
 [eiga.com 映画ニュース] 25歳でこの世を去った19世紀イギリスの代表的なロマン派詩人ジョン・キーツと、恋人ファニー・ブローンの悲恋を、ファニーの視点から描いた「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」(公開中)。「イン・ザ・カット」以来、6年ぶりの長編映画となるジェーン・カンピオン監督が製作背景を語った。「キーツの詩そのものより、彼らのイノセントな関係にひかれたの。特にキーツがファニーに宛てた現存するラブレターを読んで心打たれたわ。ふたりはキーツが23歳、ファニーが18歳のときに出会って、お互い初恋で恋愛を通して自分を発見した。そんな彼らの絆(きずな)はとても美しい。物語をファニーの視点から描いたのは、それが観客も彼女とともにキーツのことを好きになれる最良の方法だと思ったから。同時に、詩のことを良く知らない彼女とともに、映画が進むにつれて見る者も詩の世界になじむことができると思ったのよ」キーツを演じるのは、カンピオン監督が「猫のような美しい生き物」と称する、「パフューム/ある人殺しの物語」のベン・ウィショー。ファニー役には、「キャンディ」でヒース・レジャーと共演し注目を浴びたアビー・コーニッシュが扮している。映画は冒頭、ファニーが裁縫をしているシーンから始まるが、自分の着るものを自らデザインして作ってしまう独立独歩のキャラクターは、どことなくカンピオン監督自身にもつながるようで興味深い。「彼女は初期のフェミニストかって? 女性なら誰でもフェミニストなのではないかしら。だって女性としての視点で物事を見ているわけだから。私はこの作品に、女性としての観点やセンスをもたらした。でも男性にも女性的な部分はあるし、私自身とても男っぽい性格だと思っているわ(笑)」「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)」の作品情報はこちら
豊田エリー、柳楽優弥との新婚生活に「毎日本当に幸せ」とニッコリ

「当てにする」とよくいいますね。
信用して頼りにする。助力などを期待する。
あんまり使いたくない言葉ですね。何か他力本願的な感じがしますし、、。
男たるもの全部自分でできて初めて普通ですよ。。

PICKUP
税理士を検索 大阪市住吉区

税理士選びのポイント【香川】

多重債務で苦しむ前にメール相談

小さな結婚式ができる式場

田代さやか アイドル情報

借金問題の生活を救済

妻の家出捜索依頼

ノンアルコールビール

七夕のイベントデコメ!

木嶋のりこ アイドル情報

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
矢沢永吉、竹内結子出演の米ドラマにイメージソング提供 HOME デ・ニーロ×ショーン・ペン×B・ウィリス共演作、日本上陸決定
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R