忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もたいまさこ、カナダでキッチンカー&エスプレッソマシンの好待遇に感動!?
「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督最新作「トイレット」の完成披露試写会が6月24日、東京・スペースFS汐留で行われ、主演のもたいまさこ、共演のデイビッド・レンドル、荻上直子監督が舞台挨拶に立った。本作は、日本からやって来た“ばーちゃん”(もたい)と、引きこもりピアニストの兄モーリー(レンドル)ら個性的な3兄妹の奇妙な同居生活を描く。「いつか北米で映画が撮りたい」と考えていた荻上監督が、本作の舞台に選んだのはカナダのトロント。多くのカナダ人スタッフ、キャストが参加するなか、唯一の日本人キャストとなったもたいは「日本のロケ弁と違って、カナダではキッチンカーが来まして(笑)。おやつの時間にはエスプレッソマシンでコーヒーを飲ませてくれたり、小腹が空けばホットケーキを焼いてくれたり……。待遇の良さに感動しましたが、向こうでは普通のことみたいですねえ」とカルチャーショックを受けた様子だ。荻上監督とは「バーバー吉野」に始まり、4度目のタッグとなったが「1作ごとに男前度が増しています。映画監督というより“現場監督”といった感じで頼もしかった」。そして、「こんなに楽しく、楽な現場は今までなかった。監督のおかげでまた新しい経験をさせてもらいました」と笑った。一方、荻上監督は物語の着想について「『かもめ食堂』で一緒だったスタッフが来日したとき『日本のトイレは素晴らしい!』と写真ばかり撮っていたのを見て、まず“トイレ”というキーワードが浮かんだ。それでトイレは家の真ん中にあるものなので、自然と家族の話に……」と述懐。また、難航したのが3兄妹のなかで最も個性の強いモーリー役のキャスティングだったそうで「なかなか見つからなくて、キャスティングディレクターに『役者じゃなくてもいいからとにかく“変な子”を探して』とお願いしました(笑)」と笑わせた。“変な子”の役を射止め、映画初出演となったレンドルは「僕も絵を描いているので、モーリーとピアノの関係がどういうものなのかが分かる。彼にとってのピアノが、僕にとっての絵の具なんです」と役どころとの共通点を明かした。「トイレット」は、8月28日から公開。「トイレット」の作品情報はこちら
もたいまさこ&荻上直子監督4度目タッグは「トイレット」
ゆる〜いコメント連発に会場大爆笑!「めがね」初日舞台挨拶

本を読むのは好きなんですが、今はそんな時間がありません。。
やはり社会人になって家庭を持つとそういう時間はほとんどなくなり
ますね。読むのは仕事に関係しているものに限られてきます、、w

PICKUP
レーシックで視力回復【福島】

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅

レーシックで視力回復【長崎】

ミルフィーユ

税理士選びのポイント【茨城】

失踪した愛犬を見つけたい

中国料理レシピ@醋溜魚

滝ありさ アイドル情報

眼鏡やコンタクトレンズが不要になる!

借り過ぎを防ぐ総量規制

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小栗旬、初監督作「シュアリー・サムデイ」お披露目に万感 HOME 7/3公開「アデル/ファラオと復活の秘薬」 リュック・ベッソン監督インタビュー(前篇)
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R