忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“3D俳優”サム・ワーシントン、肉体美を褒められ赤面
ギリシャ神話をベースに人間と神々の戦いを描く3Dアクション「タイタンの戦い」に主演するサム・ワーシントンと監督のルイ・レテリエが来日し4月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で会見した。1981年に製作された同名映画のリメイクで、神々と人間が世界の覇権をかけて争いを繰り広げる中、神の子でありながら人間として育てられた勇者ペルセウス(ワーシントン)が神々に戦いを挑む姿を描く。ワーシントンは、「ターミネーター4」「アバター」そして本作とアクション大作への出演が続き、今回も披露しているたくましい肉体を褒められると、照れくさそうにたちまち赤面。「ビールを飲むのを控えたくらいだよ。僕は怠惰な人間で、普段はワークアウトしないんだ。でも、この映画は6カ月間ちゃんとトレーニングをしないと続かなかった。監督はアクションが大好きだし、撮影中は地獄だったよ(笑)」と控えめに話した。しかし、実際に爪がはがれるアクシデントもあったそうで、過酷な撮影を乗り切ったワーシントンをレテリエ監督は「彼が成功したのは強い心があったからだ」と称えた。また、ワーシントンは大作への出演が続いているが「自分が見たい映画かどうかで選んでいるだけ。(故郷の)オーストラリアで400万ドルの予算で作る映画も、ハリウッドで1億ドルをかけて作る映画も同じ。大作の場合はプレッシャーも大きいけど、そこでどう重みを出すかがチャレンジにもなる。次の映画も自分がお金を払って見たいかどうかで決めるよ」。さらに、「アバター」「タイタンの戦い」ともに3D映画だが、「俳優の仕事としては(2Dでも3Dでも)同じ。3Dは観客を全く違う世界へ連れていくツールだけど、映画というのは現実を忘れて旅に連れていくものでもある。そのためには物語や俳優、キャラクターが強くなくてはいけないんだ」と持論を展開した。「タイタンの戦い」はワーナー・ブラザース映画配給で、4月23日から全国で公開。「タイタンの戦い(2010)」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/54532
車田正美が、3Dギリシャ神話「タイタンの戦い」ポスター描き下ろし
http://eiga.com/buzz/20100405/13/
サム・ワーシントン「タイタンの戦い」英プレミアで来日宣言
http://eiga.com/buzz/20100331/3/

誰かを傷つけるって、結局は自分が傷つくんですよね。
人はもともとひとつだったんです。今は50億個に細胞分裂してる
状態なんです。だから人に優しくするという事は自分を大切にすると
いう事。他人と自分は見えないものでつながっていると考えるべきです。

PICKUP
ジェラート

司法書士事務所に任意整理を依頼

中華料理の定番チンジャオロースー

結婚式の祝電マナー

レーシックは医師選びから始めよう

肩の荷が下りる

債権回収詐欺/詐欺被害を防ぐ

伊勢神宮

レーシックの誤解

クイニーアマン

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アンジェリーナ&ブラピがボスニアを訪問 難民センターを見学 HOME ジム・キャリーが恋人との破局をツイッターで報告
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R