忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

D-BOYSとAKB48、映画「×ゲーム」でイメチェン!?
若手人気グループ「D-BOYS」の荒木宏文、「AKB48/渡り廊下走り隊」の菊地あやかと仲川遥香が、サスペンス映画「×(バツ)ゲーム」に出演することが決まり5月19日、都内で行われた製作発表会見にそろって臨んだ。原作は、「リアル鬼ごっこ」や「親指さがし」など映画化が続く山田悠介の同名小説で、小学校時代に行われていた「×ゲーム」という名のいじめがもたらす殺人事件を描く。荒木は、クラスメートの復讐劇に巻き込まれていく大学生・小久保英明という役どころで「プレイボーイの役なんですが、僕自身は女性の輪に自ら入るタイプではないので、自分と違うキャラクターを演じることに非常に困っています」と心情を告白。それでも、「親近感が沸くように演じたい」と意気込んでいた。一方、菊地は英明の同級生で恋人役、仲川は英明の初恋相手役を演じるが、2人とも現在16歳。実年齢よりも年上のキャラクターを演じることについて、「大人っぽく、冷静な女性を演じたい」と語った。メガホンをとる27歳の福田陽平監督は、「原作が人気小説というプレッシャーもあるんですが、キャスト陣がD-BOYSとAKB48なので、それもプレッシャーです(笑)」と、この日初対面となった女性キャスト2人にドキドキしている様子。そして、「原作は男性目線で描かれていますが、今回は女性脚本家。女性の目線ではかなさを描いています。大人になって当時のいじめを振り返ったときにドキッとさせられるような、学ぶことの多い人間ドラマにしたい」とアピールした。さらに、劇中には13個の×(バツ)ゲームが登場し、13番目が死刑になるというダークなストーリーであることも明かし、「恐怖とドッキリ感を楽しんでほしい」と自信のほどをうかがわせた。「×ゲーム」はジョリー・ロジャー配給で、今秋に全国で公開。中村優一「セクシー」宣言で初日を“疾走”。「湾岸ミッドナイト」
D-BOYS中村優一が無免許運転?「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」製作発表
D-BOYSが、鼻水&よだれ&汗で青春満喫。「シャカリキ!」初日

いやーなかなか為になる話ではないでしょうか!
現代の人間は時代の流れにまだ適応できていないそうです。
そしてやはり人間は頭で生きてるのではなくて心で生きている、
と言えそうですね!


PICKUP
引越し届出事項

渋谷で探す顧問税理士/税理士事務所

税理士事務所の選び方[横浜市]

呉越同舟(ごえつどうしゅう)

いも焼酎 天使の誘惑

懸賞の楽しみ方

改正貸金業法 規制の強化

田井中茉莉亜 アイドル情報

探偵に結婚調査

東京メトロ千代田線大手町駅

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
清原和博氏、堀内元巨人監督を「独裁者的な監督」とチクリ HOME AKB48小野恵令奈、魔法で「透明になってイタズラしたい」
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R