忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1億円のためなら誰かの死を招ける?リチャード・マシスンの小説が初書籍化
米人気SF作家リチャード・マシスンが70年に発表した短編小説「Button, Button(原題)」が、短編集「運命のボタン」として初めて書籍化された。同作を原作としたキャメロン・ディアス主演映画「運命のボタン」の公開に合わせたもの。マシスンは、「地球最後の男」「アイ・アム・レジェンド」の原作者として知られ、スティーブン・キングが影響を受けたとも語るSF小説界の大家。映画「運命のボタン」は、「このボタンを押せば、100万ドル(約1億円)を受け取れるが、ただしこの世界のどこかで、あなたの知らない誰かが死ぬ」という赤いボタンの入ったナゾの箱を手にしたノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻が、迷いながらもボタンを押してしまったことで始まるサスペンス。「ドニー・ダーコ」のリチャード・ケリーが監督を務めている。原作のアイデアは、マシスンの妻が受講していた大学の心理学の授業がきっかけだったという。その授業で取り上げられた、「世界平和に重大な貢献をするためなら、ニューヨークのブロードウェイを裸で歩けますか?」という話題から、「ある特別な目的のためなら、人間の尊厳を犠牲にできるか?」というテーマが浮かび、「Button, Button」が誕生した。同作は70年に発表され、日本では「死を招くボタン・ゲーム」として76年の月刊プレイボーイに掲載されたことがあるが、書籍化は今回が初めて。小説「運命のボタン」はハヤカワ文庫から3月26日発売。映画はショウゲート配給で5月8日より全国で公開。「運命のボタン」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/54183
ジェシカ・ビール、恋人ジャスティンと元彼女キャメロンの共演にも動じず
http://eiga.com/buzz/20100315/5/
キャメロン・ディアスと元彼ジャスティン・ティンバーレイクがコメディで共演
http://eiga.com/buzz/20100303/17/

やっぱり給料日は誰でも嬉しいもんですよね。
私は月に一回焼肉を食べに行ってますが、何か給料日にはうまいもん
食べたくなりますよね!貯金残高は無視して、、、、w

PICKUP
愛想が尽きる

本場気仙沼産のフカヒレを使ったスープ

ペール・エール

負担の大きすぎる保険料

美少女恋愛ゲーム

素敵な出会いを求めて婚活中

税理士事務所を探すメーカー

浮気相手との肉体関係の有無

税理士選びのポイント【栃木】

海外旅行傷害保険

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
長渕剛、30年を集大成する2タイプのライヴが放送 HOME なかよしなら際どい水着を着てくれる? 『DOAパラダイス』新情報
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R