忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒澤明監督「天国と地獄」米リメイク版の脚本家にクリス・ロック
かねてからハリウッドで進められている黒澤明監督の傑作サスペンス「天国と地獄(英題:High and Low)」(63)リメイク版の脚本家に、スタンダップコメディアン出身の俳優で映画監督、脚本家のクリス・ロックが起用されたことが分かった。アフリカ系アメリカ人向け情報サイトBlack Voicesによれば、新作映画「Death at a Funeral」をプロモーション中のロック本人が明かしたという。同企画が始動したのは1999年とかなり前のことで、当初はマーティン・スコセッシ監督がメガホンをとり、ピュリッツァー賞を受賞した劇作家で脚本家のデビッド・マメットが脚本を手がけることになっていた。その後、08年10月に監督が「卒業」「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のマイク・ニコルズに交代したことが報じられてからは動きが見られなかった。今回、ニコルズ監督と組むロックがマメットの脚本をリライトするのか、黒澤作品のリメイクというよりも原作となったエド・マクベインの小説「キングの身代金」の脚色にあたるのかは明らかになっていない。毒舌コメディアンの印象が強いロックの起用には欧米でも驚きの声が上がっているが、外国映画のリメイクには定評のある人物。07年には、フランスのエリック・ロメール監督作「愛の昼下がり」(72)をリメイクした「I Think I Love My Wife」で製作・監督・脚本・主演の4役を務めている。「天国と地獄」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/20372
黒澤明監督「天国と地獄」、ハリウッドでリメイクへ
http://eiga.com/buzz/20081030/10/
世界のクロサワに愛された加山雄三、本番中の居眠りを暴露される
http://eiga.com/buzz/20100327/6/

「辺りを払う」という慣用句があります。
他を近くによせない。美麗、威厳などで周囲を威圧する様子。
堂々としている様子。
なんかオーラを感じる言葉ですね。

PICKUP
生き別れた生みの親に会いたい

身近な税理士を探す[京都府]

専門家による家出人調査

婚活の重要ポイント

税理士選びのポイント【神奈川】

税理士事務所の選び方[大阪府]

完済後の過払い請求

義損金詐欺/詐欺被害を防ぐ

税理士を検索 大阪市東淀川区

手島優待 アイドル情報

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日本映画史上初!!!レディオヘッド、幻の名曲「ラスト・フラワーズ」が映画『告白』の主題歌に決定 HOME CJエンタテインメント・ジャパン始動 初年度は11作品配給
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R