忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

萩原聖人が高橋伴明監督が「BOX」通じえん罪の重み訴える
高橋伴明監督が実在の「袴田事件」を映画化した「BOX 袴田事件 命とは」の完成披露試写会が5月18日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、主演の萩原聖人、新井浩文、高橋監督が舞台挨拶に立った。同作は、味噌製造工場の専務一家4人の他殺体が発見され、元ボクサーで工場従業員の袴田巌が容疑者として逮捕された事件を、膨大な裁判資料をもとに構成したドキュメンタリータッチの人間ドラマ。無罪を確信しながら死刑判決を下さなければならない若い裁判官の苦悩する姿を通し、えん罪の重さを問いかける。萩原は、「光の雨」以来の高橋監督との顔合わせに「この作品に参加し、これからの俳優人生とかでなく残りの人生を生きていくうえで大切なものを感じることができた。僕のキャリアでは決して伝えきれない苦しみや憤りや悲しみ。とにかく体当たりで監督の胸に飛び込んだ」と述懐。袴田役を演じた新井は、「元ボクサーという役なので体作りだけは徹底した。見てもらえれば分かる」と自信をのぞかせた。今年のモントリオール世界映画祭コンペティション部門に正式出品が決まっている同作。高橋監督は「『おくりびと』『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』に続けるか分からないけど、結果をお楽しみに。えん罪は人が犯す罪の中で最も大きな罪のひとつ。とても重い映画だけど、司法制度の問題点や人は間違えるということをよく考えてほしいと思う」と観客に語りかけた。また、萩原演じる裁判官のモデルとなった袴田事件の元主任裁判官・熊本典道さんも登壇。「私が問題の熊本です。当時、どうしても袴田君を無実だと結論づけることができなかった。袴田君を獄中から救うために、一生心を注いでいきたい」と言葉を詰まらせながら必死に訴えていた。「BOX 袴田事件 命とは」はスローラーナー配給で、5月29日から公開。「BOX 袴田事件 命とは」の作品情報はこちら
西島秀俊「殴るのが楽しくなって…」、「蟹工船」初日にドSを告白
坂井真紀主演で阿川佐和子原作「スープ・オペラ」映画化

「相身互い」という慣用句がありますね。
同じ境遇や状況におかれた人同士が、お互い同情し合い、助け合う事。
また、そのような間柄であることですね。人間同じ境遇の人間には、
すごく感情移入しちゃいますからね〜。
だから職場とか学生時代の友人とかは心が知れた仲になれるんでしょうね。
友達は宝ですよ、本当。。


PICKUP
未公開株詐欺/詐欺被害を防ぐ

転勤で引越し

南明奈 アイドル情報

専門家による家出人調査

レーシックの技術力

チュロス

レーシックのリスク[感染症]

レーシックで視力回復【大分】

レーシック・手術前検査が大切

エステでアクシダーム(アンチエイジング)

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
千原ジュニア、G・クルーニー最新作の邦題名付け親に HOME 上戸彩「ツイッターデビューです!」ソフトバンクがガンプラケータイ発表
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R