忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

溝端淳平、巨大な箱に入れられ「恨みます」とトホホ
「阿修羅ガール」で知られる作家・舞城王太郎の原案を映画化した「NECK ネック」の完成披露試写会が5月27日、東京・新橋のヤクルトホールで行われ、主演の相武紗季、溝端淳平、白川士監督が舞台挨拶に立った。人間の恐怖心を実体化させるナゾの木箱“ネック・マシーン”を使い、本物のお化けを生み出そうとする大学院生の杉奈(相武)と、その実験台にさせられた大学生の友和(溝端)の恋模様を描いた青春ホラー。この日は、溝端が劇中同様、ネック・マシーンに入った状態で登壇し、客席の女性ファンから黄色い歓声を浴びていた。相武は、「これほど似合う人はいない」と太鼓判。一方、箱から首だけ出した溝端は「二度と入らなくていいと思っていたので、スタッフを恨みます」と嘆き節だった。相武は福井弁に挑戦し、「楽しい反面、苦労した。今は2カ国語を操れる気持ち」と自信満々。テンションの高い大学院生という役どころに、「もともとテンションは高くないので、ずっとアゲようアゲようと頑張った。そうしたら、監督から『落ち着きないな』って言われちゃって」と苦笑い。箱から出た溝端も、映画の中では終始ハイテンションだが、「普段からテンション高いんで、素のままですね。普段は抑え込んでいるほどなので、リミッター解除できました」とうれしそう。相武に対して「ひょっとして、うっとうしかったですか?」と不安な表情も見せた。また、相武は「溝端君が現場にあるストーブで、フランクフルトを作ってくれた。修学旅行みたいで楽しかった」とサービス精神に感激。一方の溝端は、「相武さんは撮影が終わると、1分くらいで着替えて帰っちゃうんですよ。サッパリ帰る姿が男らしくて格好いいなって」と“男気”にほれ込んでいた。白川監督は「楽しく怖い映画に仕上がった。ぜひ見た人に元気になってもらえれば」と感無量の表情だった。「NECK ネック」はアスミック・エース配給で、8月21日から全国で公開。「NECK ネック」の作品情報はこちら
覆面作家・舞城王太郎、今夏は「NECK」ほか新作小説を3カ月連続で発表
相武紗季“ドッキリ”心霊写真演出に絶叫

地球は丸いから悪い事をすれば悪い事が返ってくる。
いい事をすればいい事が返ってくる。と、いいますね。
小さな善行でも積み重ねれば世界を平和にできるかもしれない!
とか夢みたいな事を考えつつ、日々生きております。

PICKUP
消費者金融の返済期日が迫っている

レーシックの安全性

税理士を検索 京都市上京区

視力矯正手術(LASIK)

査定額UP交渉術

麦焼酎 中々

レーシックで視力回復【横浜】

乾燥肌対策にヒアルロン酸

婚活で運命の出会いを

消費者金融から勤務先へ電話がかかってきた

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「BECK」本ポスターついに完成 6月から全国の劇場へ HOME 深キョン、アンナ、中谷美紀ら豪華俳優陣、中島哲也監督に“リベンジ”
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R