忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渡部篤郎、6年越しの初監督作初日に「胸いっぱい」
俳優の渡部篤郎が2月20日、東京・渋谷ユーロスペースで自身の長編監督デビュー作「コトバのない冬」の初日舞台挨拶に登壇。04年の撮影から6年がかりで迎えた劇場公開初日に、「うれしい限りで胸がいっぱいです」と喜びをかみしめた。同作は、冬の北海道を舞台に、落馬事故で記憶を失った主人公・冬沙子(高岡早紀)と言葉を話せない男の交流を描いた物語。舞台挨拶には出演の渡辺えり、北見敏之、鈴木一真も登壇し、渡辺は渡部の監督ぶりについて、「クリント・イーストウッドのようなタイプ。『よーい、アクション!』と言ってからすべて1回でOKなので、私は好きにしゃべらせてもらっただけ。自然体を引き出す才能がある」と絶賛。北見も、「ベテラン監督のように落ち着いていた」と言えば、鈴木も「同い年なんですけど、お父さんのよう」と落ち着いた手腕を称えた。これに対し渡部は、「監督としての技術を持っていないので、皆さんの経験、感受性を大事にやればいいと思った」とコメント。そして、「家族、恋人、友だち、風景……何気ないけど大事なものがたくさん映っていると思う。この映画を見て、何か見落としていたものを見つけてもらえれば幸いです」と場内に語りかけた。退場時にはファンから多数の花束を贈られ、場内からは「おめでとう」という声援と温かい拍手に包まれた。なお、登壇予定だった広田レオナは高熱のため欠席。舞台公演のため来場できなかった主演の高岡からは、「素敵な思い出がつまった温かい作品です」とメッセージが寄せられた。「コトバのない冬」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55140
渡部篤郎、長編映画監督デビュー作公開で「大きく息を吸えた感じ」
http://eiga.com/buzz/20100219/16/
渡部篤郎監督作「コトバのない冬」来年2月公開決定に「素直にうれしい」
http://eiga.com/buzz/20091202/2/

「麻を担って金を捨てる」という慣用句があります。
物を手に入れた喜びの余り、前から持っていた、より値打ちのある物を
手放してしますことです。目先の利益ばかりを喜ぶ愚かさを戒めていう
言葉です。人間何事にも冷静でいなければいけないということですね。
人間何が大切で何が大切でないかを常に念頭に置いて行動しなければ
結果は悲しいもにになりますよ。。


PICKUP
上海料理 取り寄せ

適職・天職探し

円高

平成の名水百選 七滝八壷

借金整理ガイド 大分編

浮気の心理

脱毛トライ

CRSPIDER-MAN3で赤字 借金整理する

福岡市 中央区 任意整理相談

メンズエステ-熊本

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
トラヴィス・バーカー、ソロ・アルバムを発表へ。 HOME スチャダラパーのラジオ番組「SCHA NOVA」一夜限り復活
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R