忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「十三人の刺客」出演 役所広司さんインタビュー
島田新左衛門(刺客達を率いるリーダー)を演じる役所広司さんに映画「十三人の刺客」についてお伺いしました!

>役所さんと、三池崇史監督の初顔合わせ。最初に聞いたときは、びっくりしたし、正直、どうなるんだろう?と心配していたんです。
「いやいや、三池監督の映画に参加することを心から楽しみにしていたし、現場は期待以上でしたね。三池監督の何がすごいって、『画はつながってなくてもいい。気持ちがつながっていれば』と断言するところです」

>演じる俳優の側の気持ちがつながっていれば、カットとカットはつながるということですか。
「そう。『十三人の刺客』はロケの多い作品でしたから、日によっては天候が違ったりもする。『でも、気にするな』と。『気持ちがつながっていれば、それはつながるんだ』と」
>なるほど。それは役者として気合いが入りますね。
「だからでしょうね。キャストはもちろん、スタッフも含めて、現場が一丸になれるんですよ。その迫力は、しっかり映画に反映されていると思います」

>この映画は、侍の存在意義が揺らいでいる時代の物語。それだけに、侍の生と死、その朽ちぬ美学のようなものが太く強く伝わってきます。
「時代劇がこれだけ長く作られつづけているのは、つまりそういうことだと思うんです。時代は変わってしまったけれど、日本人はなんらかのかたちで、侍の血を継承しているし、だからこそ時代劇というものに惹かれるんじゃないでしょうか」

>役所さんは数多くの時代劇に出演されてきました。それは、まさしく、おっしゃる通り、侍の血の体現だと思います。一方で、役所さんのお芝居を拝見していて、いつも感じることがあります。うまくは言えないのですが、それは映画俳優としてのあるべき姿、言ってみれば「正しさ」のようなものです。もちろん役所さんは、舞台でも、TVでもご活躍されているわけですが、映画俳優として何かを継承している意識はありますか。
「正直なところ、何がいい芝居かはわからないんです。はたして、正しい芝居というものがあるのかどうか。わからないから続けている、というところはあるかもしれません。ナチュラルな表現はもちろん大切なことだけど、ただ自然な感じだけでは、何も伝わらないという気はします。しっかり、何かを伝える。その意志は持つようにはしています。それは『十三人の刺客』でも変わらない、確かなことでした」

映画「十三人の刺客」特集展開中!

「当たりを付ける」という言葉があります。
惚れる。気持ちが傾く。見当を付ける。という意味らしいです。
惚れるとかいう意味もあるんですね、知らんかった、、、w

PICKUP
レーシックで視力回復【愛媛】

消費者金融へ過払い請求したい

ワットポー

大阪で引越しの準備 部屋選びの重要ポイント

鈴木茜 アイドル情報

過払いの相談のできる弁護士を探す

インターネット型での婚活

借金返済の苦しみから解放

搭乗者殺害保険

東京メトロ千代田線大手町駅

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『告白』第83回米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞部門 日本代表作品に決定!! HOME 第83回米国アカデミー賞 最優秀外国語映画賞部門 日本代表作品に決定!!
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R