忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

押井守監督最新作「28 1/2」は舞台の“ついでに”撮った妄想映画
押井守監督の最新実写映画「28 1/2 妄想の巨人」の完成披露試写会が6月28日、都内で行われ、押井監督と主演の奥田恵梨華が舞台挨拶に立った。同作は押井監督が初めて舞台演出を手がけ、2009年1月に東京、2月に大阪で上演された舞台「鉄人28号」の舞台裏で繰り広げられる物語。舞台「鉄人28号」の現場付きスチールカメラマンの言子(あきこ・奥田)が、けい古場で時折、「鉄人28号」の主人公・正太郎と思われる少年を目撃するようになり、さらには演出の押井監督が姿を消してしまう……。押井監督は、「最近、映画には必ずメイキングがあるけど、ほとんど面白くない。どうせメイキングを撮るなら、ドキュメンタリーとして作品にしてしまえと思った。それをさらにフィクションにして、舞台演出をしながら映画が撮れれば面白いと思ってこうなった」と製作経緯を説明。「ひどい不景気のなか、勝手な映画を撮らせてもらって感謝している。予算もなくて苦労したけれど、ほとんど思いつきで撮って楽しかった。ついで映画、成りゆき映画だけど、こういう方法でも映画が撮れるんだと思った」と話した。一方、奥田は「台本もなくて毎日現場に行って監督に言われていたことをやっていて、ダンス経験もないのに、踊ってみようかと言われたときは無茶振りだと思ったけど、楽しく撮影できた。独特の押井ワールドに引き込まれた」と虚実ない交ぜの押井ワールドに浸った日々を振り返った。タイトルは、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」へのオマージュ。押井監督は、「あの傑作は映画監督の妄想を描いたもの。この映画も舞台を演出しながら妄想して作ったものだから。もっと大作を撮れって言われるんだけど、こういう映画が一番好き。これが当たってくれれば申し分ないし、こういう映画を撮って暮らしていられれば幸せなんだけど」とぼやいていた。「28 1/2 妄想の巨人」は7月31日から東京・渋谷ユーロスペースでレイトショー公開。「28 2/1 妄想の巨人」の作品情報はこちら
押井守監督、8年ぶり実写長編は「何もないユルユルな作品」
押井守監督「アサルトガールズ」完成!すでにハリウッドからリメイクオファーも

やはり自分が楽しんでやれることが
尊いですね、本当。何をやっても楽しみを見つけられる人ほど
偉大な人はいないですよ。

PICKUP
紹介屋詐欺/詐欺被害を防ぐ

身近な税理士を探す[相模原市]

東京メトロ丸ノ内線国会議事堂前駅

失踪した愛猫を見つけたい

ローン地獄を脱出!

漁夫の利(ぎょふのり)

任意整理で過払い請求

ウイスキー・コーク

一般企業様向けサービスがある税理士事務所

レーシックは入院不要の日帰り手術

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
唐沢寿明、映画「太平洋の奇跡」で気合のスキンヘッド HOME 元人気AV女優の自伝映画「nude」、みひろ本人も出演
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R