忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

市原隼人、「猿ロック」は真っ直ぐでピュアな「子ども」と笑顔
市原隼人主演で天才鍵師の活躍を描く人気ドラマを映画化した「猿ロック THE MOVIE」が2月27日、全国250スクリーンで公開。市原ほか共演の比嘉愛未、小西真奈美、前田哲監督らは東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に立った。同作は、ナゾの美女マユミ(比嘉)から依頼された金庫を開け、そこに保管されていたトランクをめぐって警察やヤクザに追われる羽目になるサル(市原)の奮闘を描く。市原は、撮影を振り返り「ライブ感、疾走感があるシーンも、みんなと会話するというよりも、芝居をしたという感じだった。みんなが土台になって、いい映画を作ろうっていう雰囲気があった」と現場の熱を感じさせるコメント。TVドラマ版から演出を手がけてきた前田監督も、「アクションを売りにしているけど、俳優たちの命を張った芝居をみてほしい。TVドラマから1年以上かかわってきたけど、こういう形で届けられることがうれしい」と語った。また、登壇者一同は、この映画を一言で表す言葉をそれぞれ発表。市原は、「サルは眼差しが真っ直ぐでピュアで、周りにどうこう言われようと自分が思ったものを信じて目の前のものを感じるから」という理由で「子ども」と表現し、「映画も自分も大人にならないです(笑)」とイタズラっぽい笑顔で話した。また、「信じる」と掲げた比嘉は、「人を信じることの大切さをサルから教わるんじゃないか」。小西は、「ギリギリのライン」というもので、「どこまでが正義か悪かを追い求めるところも描かれるが、一概に答えは出ないところが人の心の大事な要素でもあると思う」と話した。舞台挨拶にはこのほか、高岡蒼甫、芦名星、渡部豪太が登壇した。「猿ロック THE MOVIE」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55054
市原隼人主演「猿ロック」渋谷ゲリライベント開始2分で強制終了
http://eiga.com/buzz/20100220/4/
市原隼人、丸坊主披露で「猿ロック」猛アピール
http://eiga.com/buzz/20100204/17/

「あたわざるに非ずせざるなり」という言葉があります。
ものごとを成就できないのは、やる能力があるのにそれを発揮しないから
である。実行力や意志の欠如を指摘して言う!耳が痛い、、、www

PICKUP
中国 国際航空 格安航空券 スペイン便

神戸市 中央区 任意整理・過払い無料相談案内

アストンマーチンの自動車保険

脱毛・ムダ毛処理エステ 愛知

炒雙冬

背中の痛くない脱毛(光脱毛・フラッシュ脱毛)

ジャーツァンザーミェン

こっそり借金整理 自己破産

昭和の名水百選 箱島湧水

混合肌対策 化粧品

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画『シーサイドモーテル』、主題歌にシャネルズ「ランナウェイ」 HOME 亀田兄弟「アリス・イン・ワンダーランド」プレミアに“参戦”
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R