忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堺雅人、微妙顔が観客に大うけのベルリンで、あらためて仙台市民に感謝【第60回ベルリン国際映画祭】
 第60回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で上映され、ベルリンの観客を大いに楽しませている映画『ゴールデンスランバー』。現地時間19日夜の上映に登壇した主演の堺雅人に話を聞いた。 よく笑い、時には声をあげながら、上映を楽しむベルリンの観客。笑い声があがったシーンの1つが、指名手配されてしまう主人公の、過去にヒーローとしてテレビに登場した映像が流される中の停止画面。「時々人を見下したような顔をする」というリポーターの声とともに、いかにも人を見下している風の表情で映像が止る。その微妙な表情はどう作ったのかを聞いてみた。 「いや、全然作ってないです。今、撮ってるカメラでもそう撮ろうと思えば撮れるし、この発言も、書きようによってはいやな感じにも書ける。情報の扱い方1つで、人を持ち上げもするし、落としもするというマスコミへの警句でもあるんじゃないですか?それをバックアップしてくださっている仙台のテレビ局は懐が深いですね。その辺も含めて、仙台の方々といっしょに作った映画という気がします」と、あらためて撮影時を振り返った。
 
 「おさまり悪いところで終わっている」と堺が表現する本作、必ずしもハッピーエンドとは言い切れない終わり方をする。それにもかかわらず、主人公はじめ、それぞれの登場人物のキャラクターの魅力で、後味の良いものに仕上がっている。ベルリンの観客も、同様の感想を持ったようだ。登壇を終えた堺は、その反応に安堵した様子。「映画祭というところで気持ちが浮ついて、反応が大きくなっているのかもしれない」と冷静な分析も加えつつ、「舞台の時のような、お客様と対話しているような感じがしました。興奮する経験でした」と満足そう。 だが、本映画祭参加により、変ることはないと言う。「自分達が面白いと思うものを自分達の言葉で表現するしかやれることはない。結局伝わるのはそういう部分。むしろ、どう変らないかだと思う」と語る堺は、これからもマイペースで、より面白いものを見せてくれそうだ。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)映画『ゴールデンスランバー』オフィシャルサイト <http://www.golden-slumber.jp/>

ちょっと前に親戚の子がかつあげされまして、、、。大変でした。
ですが事件の後すぐに警察に行ったおかげかすぐに犯人がみつかりまして、
お金も無事戻ってきたし、よかったんですよね。
悪い事ってのはやっぱいずればれるもんなんですね。。
それに何が一番かって、やっぱり人間誰にも良心がありますからね。
悪事を働けば普通の精神の持ち主なら後悔するはずです。



PICKUP
山形の借金延滞(取立て)無料相談

光美白脱毛

幼児教材で借金任意整理

多重債務整理相談 鹿児島NAVI

アコム 債務整理

メンズエステでダイエット 千葉

乾燥肌対策 アンチエイジング

とろとろのふかひれ料理専門店

トルコ航空 格安航空券 ポーランド便

卵の皮の春巻(蛋巻)

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
メガマソ、2月24日(水)23時から生中継 HOME HiGEの新作は、ザ・ビートルズのエンジニアによるマスタリング
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R