忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カンヌが認めたエロチック衝撃作!バンパイアと人妻のピュアな禁断愛に「純愛が一番怖い」と評判に
 人体実験に志願した結果、バンパイアになってしまった神父と、抑圧された夫婦生活を送る人妻との禁断愛を官能的に描いた映画『渇き』が、大胆なセックスシーンや痛々しい暴力描写に加えて、二人が織りなす純愛の鬼気迫る美しさで早くも絶賛されている。 ワクチン開発のために、自らを人体実験にささげ、正体不明の血液を輸血された神父サンヒョン(ソン・ガンホ)は、ある日、幼なじみガンウの妻・テジュ(キム・オクビン)と出会い、その色気に心をかき乱される。一方、ゆがんだ日常に苦しむテジュもサンヒョンにひかれていく。しかしサンヒョンの体は輸血の影響で、血を求めずにはいられないバンパイアと化していたのだ。 監督は映画『オールド・ボーイ』『親切なクムジャさん』など次々と衝撃作を生み出す韓国映画界の鬼才、パク・チャヌク。生々しさを極限まで追求する映像スタイルは本作でも健在で、サンヒョンとテジュが抑えきれない欲望をぶつけ合うセックスシーンは官能的であると同時に、痛みさえ感じさせるハードさで観客を刺激。 そんな本作が2009年カンヌ国際映画祭で見事、審査員賞を受賞。エロチックで暴力的な描写の根底に流れるピュア過ぎる美しい愛の形が評価された。神父というストイックでなければならない立場でありながら、同時にバンパイアとして本能的に血を、そして一人の男としてテジュを求めてしまうサンヒョンの葛藤(かっとう)。そしてそれを全身全霊で受け止めようとするテジュの狂気。高まる二つの愛が重なり合う瞬間が、『渇き』の精神的なクライマックスと言えるかもしれない。一足早く試写会で鑑賞した観客からも「純粋な愛が本当は一番怖いのかもしれないことに気付かされた」といった声も上がっている。韓国映画界の鬼才が突きつける究極の純愛ストーリーに、必ずや映画ファンの血がうずくはずだ。映画『渇き』は2月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開映画『渇き』オフィシャルサイト <http://www.kawaki-movie.com/>

「行き成り三宝」という言葉がありますね。
物事の成り行きにまかせること。やりっ放しにすること。
なんで三宝なんですかね〜wわかりませんが。
センスあるような無いような。。

PICKUP
大阪市 大正区 任意整理相談

破産のやり方 鳥取

エステで脱毛体験(ワキ・Vライン) 東京都 足立区

ビタミンで自己免疫力を高める

シーチャーファン

過払い 「埼玉県」

ニキビ 化粧水 購入

メンズエステで脱毛(富山)

多重債務で返済不能・・・借金相談【福島】

敏感肌 化粧品 クチコミ

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
デヴィッド・クロムホルツ『NUMBERS』からFOX局のパイロット版主演へ HOME UKのサマー・フェスティヴァル、続々とヘッドライナーが決定
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R