忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『時をかける少女』のすごさ、知りませんでした −いきものがかり インタビュー−
真っすぐに力強く、いきものがかりらしい「時をかける少女」

幾度となく映像化され観客を魅了してきた、筒井康隆原作のSFストーリー「時をかける少女」。今回、原作小説のその後を加え、新たな物語として2010年版が制作された。生まれ変わった本作に、主題歌「ノスタルジア」を提供し、また名曲「時をかける少女」をカバーしたいきものがかりが、作品への思いを語った。

「時をかける少女」のすごさ、知りませんでした

―― 一世を風靡(ふうび)した原田知世さんバージョンの『時をかける少女』が公開されたのは1983年でした。みなさんがちょうど生まれた頃のことですが、知っていましたか?

水野良樹(以下、水野):映画のタイトルは知っていましたけど、観てはいないですね。山下は原作を読んでいたんだっけ?

山下穂尊(以下、山下):おれ、筒井康隆さんのファンだから。ちょこちょこドラマになったり、アニメになったりしているのを横目で見ていました。

水野:僕らはリアルタイムで観ていた世代ではないので、僕らにあるのは名作だったという情報だけですね。だから、楽曲の「時をかける少女」をカバーするときもあまりプレッシャーを感じることはなかったんです。でも、今こうして取材を受けることで、たくさんのファンがいると知って、映画と楽曲がどれほど深く、長く愛されてきたのかを実感して、実は重大なことだったんだなと(笑)。吉岡は、原田知世さんの歌声を聴いてプレッシャーを感じたんだよね?

吉岡聖恵(以下、吉岡):そう。「とてもまねできない」って思いました。

真っすぐに力強く歌うのが、いきものがかり

吉岡:原田知世さんが歌う「時をかける少女」は、「透明感があって、すごくチャーミングだな」って思いました。あの届くか、届かないかぐらいの裏声とか、揺らいでいる感じがとても魅力的で。

水野:原田知世さんは、当時14歳か15歳くらいで歌っていらっしゃったんですよね。

―― いきものがかり版「時をかける少女」の魅力とは……? また名曲をアレンジするうえでの苦労や、特にこだわった点についてお聞かせください。
吉岡:だいたい曲をカバーするときは、「いいところがあったらまねしたい」と思うんですけど、わたし自身、真っすぐ、はっきり歌うタイプなので、どうしてもあの裏声は無理だなと。じゃあ、「いきものがかりらしさを出すにはどうしたらいいだろう」と考えときに、「逆に、突き抜けて自分らしく、太い声でいっちゃおう」と思ったんです。真っすぐで、力強いのがいきものがかりの良さなので。

水野:僕たちより若くなると、今度は「時をかける少女」の曲とか、作品自体を知らない世代になると思うんです。そういう若い人たちでも映画に入りやすいよう、「とにかくはっきり伝わるように、わかりやすくしたいな」っていう思いがありました。それプラス、大前提として、あのあまりにも有名なイントロは残そうと決めていましたね。

山下:あと、いきものがかりらしいアレンジと言うと、ハーモニカが入っているところかな。

主題歌「ノスタルジア」は、“時をかけちゃった曲”です

―― 「ノスタルジア」はインディーズ時代に歌っていた曲とのことですが、今回この曲を主題歌に提供した理由とは?

水野:最初、主題歌のお話をいただいたときは、新曲でお願いしますと言われていたんです。でもあるとき、ふと「ノスタルジア」の歌詞を見直したら、これは「時をかける少女」の内容にぴったりじゃないかと……それで、映画の制作スタッフに曲を聴いていただいたら即OKとおっしゃっていただいて。

山下:ずっと「リリースしたいね」って言ってた曲なので、僕たちとしてはやっと世に出せるという感じですね。

水野:そもそも「ノスタルジア」は、僕が19歳のときに作った曲で、路上ライブでやってたときからの勝負曲だったんです。この曲がきっかけで、ライブハウスの店長や、僕らを拾ってくれた初代のマネージャーが、いきものがかりに注目してくれたんです。だからメジャーデビューしてからも、「いつか出そう」と言っていたんですけど、機会がなくて。それが今回、すごくいいタイミングで、しかもいい環境でリリースできるのは奇跡的な気がします。吉岡の歌い方一つとっても、今じゃなきゃこの「ノスタルジア」は完成しなかったなと。

吉岡:曲が出来上がったころ、ちょうどわたしは大学でミュージカルを習っていて、その頃は曲の主人公になり切って歌うスタイルをとっていたんです。それが曲によってはうまくいかないものもあって。ちょっとずつ自分の歌い方を探って、ストーリーテラー的な立場で歌うように変えたんです。それが今のいきものがかりの歌い方なんですけど、「ノスタルジア」も、伝えることを第一の目標にして歌った曲です。

水野:歌詞の内容から吉岡の歌い方まで、この曲は「時をかける少女」に選ばれるのを待っていたんじゃないかと思うくらい、ピッタリはまったんです。そういう意味で僕は、「ノスタルジア」を“時をかけちゃった曲”って呼んでいるんです(笑)。

見どころは1974年と即席ラーメンと理科実験室?

―― 2010年版「時をかける少女」を観た感想と、見どころをお聞かせください。

吉岡:わたしは、雨の中のあかりと涼太のシーンにキュンとしました。タイム・リープものですけど、ラブストーリーとして観ました。あとは1974年とう時代がポイントになっていますよね。

水野:そう、ちょうど僕らの親たちの青春時代なので、「こんな感じだったのか」と、親しみがわいたし、興味深かった。

山下:即席ラーメンを鍋で食べるとかね(笑)。

吉岡:しかも卵入りで(笑)。

水野:それと主演の仲里依紗さんが素晴らしい! 理科実験室で小さく手を振る仲さんの姿は必見ですよ。とにかく仲さんがかわいい(笑)。

山下:原作ファンとしては正直、「またやるの?」って思っていたんです。でも出来上がった作品を観たら、まったく新しいものになっていて、「こういう作り方もあるんだな」と驚きました。もちろん昔の「時をかける少女」を観たことがない人でも十分楽しめます。逆に、2010年版を観た後で昔の作品を観ると面白いかもしれないですよね。

インタビュー動画はこちらから!※PCはwindows media playerが立ち上がります。

予告編は「時をかける少女」特集サイトから!


取材・文:工藤静佳 写真:高野広美 編集:シネマトゥデイ

おはようございます。
いやー最近やけに寝つきが悪くていやになりますよ、、、。
あんま寝れなくなってきたって事はもう歳ですかね、、、。




PICKUP
ベトナム・ホーチミン旅行

今どこにいるの? 浮気・不倫調査

さまざまな種類の占い

東京メトロ千代田線日比谷駅

日産 ルークス 無料査定

のど越しが最高のワンタン

コツコツと懸賞やりましょう

銀行協会を装った詐欺/詐欺被害を防ぐ

東京メトロ有楽町線永田町駅

唯々諾々(いいだくだく)

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
オスカー短編ドキュメンタリー賞の監督と「カニエった」プロデューサーの確執 HOME 『時をかける少女』のすごさ、知りませんでした −いきものがかり インタビュー−
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R