忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「身も心も出し尽した」仲里依紗、ヌード挑戦にも意欲的
哀川翔の主演最新作「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」の完成披露試写会が4月5日、東京・後楽のJCBホールで行われ、哀川をはじめ共演の仲里依紗、阿部力、三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎らが舞台挨拶に出席した。同作は、哀川の100本目の主演作として製作された「ゼブラーマン」(04)の続編。前作から15年後の2025年、ゼブラシティと名を変えた東京を舞台に、記憶をなくした主人公・市川新市(哀川)が、地球を救ったヒーロー・ゼブラーマンとしての姿を取り戻していく姿を描く。悪役ゼブラクイーンに扮した仲が、セクシー衣装に身を包んでいることも話題の一作だ。哀川は、激しいアクションシーンが満載で「撮影に入る前、みんなに『ゼブラーマン』はつらいぞと言ったんだけど、自分が一番きつかった」とこぼしたが、仲のアクションについては「回し蹴りが強烈」と絶賛。仲は、「身も心も全て出し尽して、もう出すところはないんじゃというくらい」と完全燃焼した様子だ。それでも、三池監督が「あとはスッポンポンになるしかない」と発破をかけると、「モザイクをかけてもらえれば大丈夫です(笑)」と大胆発言も飛び出した。一方、三池監督は「宮藤さんの脚本がすごい。僕は脚本に書かれていることを演出しただけですし、今日は皆さん、お金を払っていないので『金返せ!』という怒りは宮藤さんに向けていただくとして、あ然とするラストを楽しんで」とニヤリ。宮藤は、「4年くらい前から準備していてやっとできた。作品はとにかくすごいです。ビックリします」と話すに留めた。そんな不穏な発言が相次いだが、哀川は「僕のデビュー25周年の集大成になる映画になっている。どこかで見たことある、やったことがあるなってカットもあって、監督の愛を感じた。素敵な映画に仕上がっています」と胸を張った。「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は東映配給で、5月1日から全国で公開。「ゼブラーマン/ゼブラシティの逆襲」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/54823
哀川翔、ゼブラクイーン仲里依紗を絶賛
http://eiga.com/buzz/20100325/13/
哀川翔の白髪姿に仲里依紗「王子さまみたい…」
http://eiga.com/buzz/20091020/5/

小さい頃からよく家族で食事をしていた人ほど、結婚に対する願望が
強いっていうリサーチ結果があるみたいですが、どうなんでしょう。。
私の家庭は結構特殊でしたからね〜。世間離れしてましたよ、、、。
まぁ結婚自体はあんまりお勧めではないですねwww

PICKUP
安心してレーシックを受ける為に

任意整理で人生再出発を目指そう

東京メトロ丸ノ内線新宿駅

スコーン

FX会社の特徴や実績を比較して始めるFX

高級中華料理の上海蟹のスープ

行方不明者捜索の専門機関 人探し調査

マンハッタン

エステでリンパドレナージュ

債務整理で取り立てストップ

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「午前十時の映画祭」興収1億突破 動員目標50万人超えも確実 HOME 仲間由紀恵、佐藤健の意味深発言を「いやらしい!」と一喝
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R