忍者ブログ
毎日更新している情報掲示板ですよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「牙狼 GARO」が3D映画化 「帰ってきました!」に拍手喝さい
今年で9回目となる世界最大級のアニメーション総合イベント「東京アニメフェア2010」が開催中の東京ビッグサイトで3月27日、3Dアクション映画「牙狼 GARO RED REQUIEM」の製作発表会が行われ、雨宮慶太監督、小西遼生、松山メアリ、斎藤洋介、倉貫匡弘、影山ヒロノブが出席した。05年に特撮TVシリーズとして放映され人気を博し、放映終了後にはスペシャル版も製作された同名VFXアクションが3D映画化される。人間の邪悪な心にとりつく魔獣“ホラー”と、魔獣を狩る使命を帯びたダークヒーロー、魔戒騎士の戦いを描く。原作も手がける雨宮監督は「牙狼が帰ってきました!」と堂々の帰還宣言。会場から大きな拍手が沸き起こるなか、「全編デジタル3Dで撮影し、立体(映像)ですさまじいバトルが繰り広げられます。ぜひ劇場で楽しんでください」とアピールした。主人公・冴島鋼牙(ガロ)を演じる小西は、「つらい思い出が多い」と苦笑しつつも「どんなに疲れていても、スタッフが疲労を隠していい作品をつくろうと熱意をもっていた。迫力あるアクションを3Dという新しい試みで見てもらえるのがうれしい」。同シリーズに初出演する松山は、「ワイヤーアクションが痛くて慣れるのが大変でした。でもきれいに撮っていただいたので」とニッコリ。ベテラン俳優の斎藤は、「最初はなんでNGが出るのか理解できなかった」と前後の動きを意識する3D撮影に戸惑ったといい、重装備の衣装について「真夏の撮影だったので、いまこうして着ているだけで嫌な記憶がよみがえる」と振り返った。雨宮監督は「皆さんに支えられてここまで来た。今後も愛あるサポートをお願いします」と頭を下げた。「牙狼 GARO RED REQUIEM」は東北新社、ゴー・シネマ共同配給で2010年公開。「牙狼 GARO RED REQUIEM」の作品情報はこちら
http://eiga.com/movie/55382
冲方丁原作「マルドゥック・スクランブル」ビジュアル解禁!TAFで重大発表も
http://eiga.com/buzz/20100309/12/
冲方丁の人気SF小説「マルドゥック・スクランブル」の劇場アニメ化が決定
http://eiga.com/buzz/20100109/1/

「味をしめる」という慣用句がありますね。
一度味わったその味が忘れられないで、次にもそれを期待する。やった事
がうまくいって、再び同じことをしようと思うこと。
何か悪い意味かと思ってましたけど、そうでもないんですねw

PICKUP
守永真彩 アイドル情報

税理士選びのポイント【埼玉】

多重債務者対策 改正貸金業法

税理士を検索 大阪市浪速区

滝口ミラ アイドル情報

安く自己破産

佐藤寛子 アイドル情報

子供の家出 人探し調査

奇々怪々(ききかいかい)

セレブ婚を目指して結婚活動

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ONE PIECE」10周年メモリアルでファン1000人とCM撮影 HOME MEGが中田ヤスタカプロデュースのニューシングル発表
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
(07/09)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R